海外からの遺伝資源[動物、植物、微生物とその一部(DNA抽出物含む)]の入手に関しABS(Access and Benefit Sharing )の手続きが必要です。得に提供国の法律・規制を遵守することは必須なことです。
ABS学術対策チームでは、大学の体制構築や、海外からの遺伝資源の取得に関して、大学の支援をおこなっています。

今年の通常国会での名古屋議定書の批准が予定事項となり、「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(案)」に関するパブコメ募集も始まりました。それに伴い、この度、2月10日に、名古屋議定書実施に向けた意見交換会を行いますので皆様ご参集ください。

→ 意見交換会 HP

→  申し込み

→ 「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(案)」に関するパブコメについて(環境省HP)

 

名古屋議定書の概要

ABS学術対策チーム紹介

 

l_menu00

相談窓口

ABS講習会

出張セミナー

メーリングリスト

イベント

お問い合わせ・アクセス

FAQ

調査報告

契約書見本

各国情報

国際会議報告

ABSブログ

ツールキット

関連リンク

ナショナルバイオリソースプロジェクト

国立遺伝学研究所

PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.