国際ワークショップ「タイ遺伝資源の取得と利用」を開催いたしました。(2018/10/9)

1. 国際ワークショップ開催のご案内

「タイ遺伝資源の取得と利用」
Access and Utilization of Genetic Resources in Thailand

2. 開催日時及び場所

日時:2018年10月9日(火) 13:00-16:00 (受付開始12:30)
場所:コンベンションルームAP東京八重洲通り 12階F+G
所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル
会場URL:https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yaesu/ya-base/

3. 講演者

Dr. Tanit Changthavorn
Deputy Director General, BIodiversity-Based Economy Development Office (BEDO)
Prof. Sansanee Chaiyaroj
Professor of Microbiology, Faculty of Science, Mahidol University
Ms. Patcharin Sawangwan
Officer, BEDO

4. 主催

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
URL : http://idenshigen.jp
e-mail: abs@nig.ac.jp

国立遺伝学研究所ABS学術対策チームでは、2018年10月9日(火)にタイ遺伝資源の取得と利用に関する国際ワークショップを開催いたしました。

本ワークショップでは、タイの生物資源を利用した共同研究やABS制度に長年携わっている専門家をお呼びし、タイとの共同研究や、遺伝資源へのアクセスと利益配分(Access and Benefit-Sharing)のための具体的な対応方法などをご紹介いただきました。

お忙しい中、多数のご参加の皆様のご出席、誠にありがとうございました。

お問合せ先

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム

担当者: 鈴木、鹿児島、岡村、中田
〒411-8540静岡県三島市谷田1111
TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
e-mail: abs@nig.ac.jp