名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会-大学はどこまで対応すべきか、対応体制をどう運営するか-(2020/02/21)

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームは、2020年2月21日に東京において「名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会」-大学はどこまで対応すべきか、対応体制をどう運営するか- を開催致しました。

1.名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会 開催のお知らせ

生物多様性条約、および名古屋議定書への対応に向けた大学の制度設計・運営、ABSへの取組みについての事例を紹介し、
現在、各大学で進められている体制構築・運営の参考として頂くための意見交換会です。
大学として最低限必要なABSへの対応とは何か、また実際それをどう運営しているかについて、
大学で ABSのへ対応をされているご担当者の方々にご講演頂き、その後パネルディスカッションを行いました。

なお、「ABS講習会」にて、本会の内容を一部ご紹介する予定でおります。
ABS講習会の日程等詳細につきましては、
国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム ホームページに、掲載予定でございます。
名古屋議定書学術関係者メーリングリストにご参加頂きますと、ホームページより早くお知らせをいたします。
こちらも是非ご登録下さいます様重ねてお願いいたします。

2. 開催日時及び場所

日時:2020年2月21日(金) 13:00-16:00 (開場12:30)
場所:TKP品川グランドセントラルタワーカンファレンスセンター ホール3A
所在地:東京都港区港南2丁目16-4 品川グランドセントラルタワー3F
会場URL:https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa-gct/access/

【入館について】
入館後、会場へはフラッパーゲートを通ります。
TKP専用受付(2階)にて「TKPの利用です」と告げ、ゲストカードをお受取り下さい。
その後、フラッパーゲートを通り、エレベーターで3階へお向かい下さい。

3. 講演者・パネリスト

【講演者】

  • 狩野幹人(三重大学)
  • 塚本潤子(奈良先端科学技術大学院大学)
  • 寺嶋芳江(静岡大学)

【パネリスト】

  • 設樂愛子(東京海洋大学)
  • 田中伸和(広島大学)
  • 仁禮晃子(鹿児島大学)
  • 渡邊真由美(名古屋大学)
  • 鈴木睦昭(国立遺伝学研究所)

(敬称略・五十音順)

4.言語

日本語

5.募集人数

130名(先着順)

6.参加申込み

大変申し訳ありませんが、参加申込人数が募集人数に達したため、募集期間より早く受付を締切らせていただきました。

 

2019年度意見交換会のチラシ

【お問合せ先】
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
〒411-8540静岡県三島市谷田1111
TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
e-mail: abs@nig.ac.jp URL: http://idenshigen.jp/