2020年度 生物遺伝資源 国際ワークショップ
「カルチャーコレクションとバイオリソース機関の名古屋議定書対応」を開催します。

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームでは、2020年12月9日(水)10時00分より、
2020年度 生物遺伝資源 国際ワークショップ「カルチャーコレクションとバイオリソース機関の
名古屋議定書対応」を開催いたします。チーム一同、皆様のご参加をお待ちしております。

1. 演題

・ex situ コレクションにおける名古屋議定書/ABS対応の課題 (仮)
 How to follow the Nagoya Protocol/ABS in ex situ collections

・コレクションにおける名古屋議定書対応:ドイツの微生物コレクションDSMZの例(仮)
 Implementing the Nagoya Protocol in collections: an example from the German microbial collection DSMZ

2. 講演者

・石田 孝英 氏(国立研究開発法人 国立環境研究所 高度技能専門員)
 生態学分野で学位取得後、スウェーデンでのポスドクなどを経て、
 製品評価技術基盤機構(NITE)で微生物コレクションとABSに従事。
 現在は国立環境研究所でABS対応を担当。

・Amber Hartman Scholz, Ph.D.
(ドイツ微生物細胞培養コレクションDSMZ 副所長 )
 DSMZが初のEU登録コレクションとして認定されたことにチームリーダーとして貢献。
 アメリカ科学技術政策局等での勤務から、科学政策において幅広い経験を持つ。
 ジョンズ・ホプキンズ大学において、生物学の博士号を取得。
 

3. 開催日時、配信方法、参加登録、視聴方法

開催日時:2020年12月9日(水) 10時00分-12時00分(2時間)予定
配信方法:ウェビナー(ZOOM)
参加登録:下の7.参加登録の1)方法にある、「こちら」よりご登録下さい。
視聴方法:参加登録時にご記載のメールアドレスに届いた登録完了メールにある、
     「ここをクリックして参加」よりご参加下さい。

9時00分から接続可能です。(接続確認をお願いいたします。)
9時50分迄に参加をお願いします。

4. 資料入手方法

12月4日(金)午前11時に参加登録時にご登録いただいたメールアドレス宛に、
資料ダウンロード方法をご連絡します。

5. 事前質問のお願い

参加登録時に、本会に関する質問をお寄せ頂く「質問とコメント」欄を設けております。
事前質問にご協力をお願いいたします。

6. 言語

英語  *同時通訳あり

7. 参加登録

1)方法
参加費は無料ですが、事前登録が必要です。
こちら(https://zoom.us/webinar/register/WN_buxYLZiQRXOfTuODe9dLVA)よりご登録下さい。
Webからの登録に不具合がある場合は、下の【お問合せ先】へメール又は電話でご連絡下さい。
2)期限
2020年12月3日(木)午後5時まで
申込期限前に受付を締切る場合があります。ご了承下さい。

 

【お問合せ先】
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
〒411-8540静岡県三島市谷田1111
TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
e-mail: abs@nig.ac.jp URL: http://idenshigen.jp/