2021年度 第2回 生物遺伝資源国際ワークショップ「植物遺伝資源のABS対応-オランダ遺伝資源センターの運営」を開催します。

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームは、2021年12月17日(金)16時00分から、2021年度第2回生物遺伝資源国際ワークショップ「植物遺伝資源のABS対応-オランダ遺伝資源センターの運営」(International Bioresource Workshop 2021:
ABS in the field of plant genetic resources ~The case of Centre for Genetic Resources, the Netherlands)を開催いた
します。チーム一同、皆様のご参加をお待ちしております。

1. 演題

・未定

2. 講演者

・Dr. Theo van Hintum
ワーゲニンゲン大学 遺伝資源センター 植物部門ジーンバンク長。研究分野は植物遺伝資源管理で、そのテーマは、新技術(ゲノミクス、IT等)のジーンバンク運営への応用、環境ニッチモデリング、また、国際的なABS政策のジーンバンクに与える影響等、多岐に渡る。数多くの査読およびコンサルタント業務を行い、これまでに発表した論文は70を超える。

・Dr. Martin Brink
ワーゲニンゲン大学 遺伝資源センター 上級研究員。同センターにおいて、遺伝資源関連ポリシー、特にアクセスと利益配分(ABS)に関して業務を行う。また、オランダのABSに関するナショナル・フォーカル・ポイント(NFP)を務めている。2021年1月に公開された、EUにおける名古屋議定書を実施するための規則に関するEUガイダンスの作成に関わった。

3. 開催日時、配信方法、参加登録、視聴方法

開催日時:2021年12月17日(金) 16時00分-17時30分(1時間30分)予定
配信方法:ウェビナー(zoom)
参加登録:下の7.参加登録にある「参加登録」よりご登録下さい。
視聴方法:参加登録時に記載したメールアドレスに届く登録完了メールにある、
「ここをクリックして参加」よりご参加下さい。

15時45分から接続可能です。(接続確認をお願いします。)
15時55分迄に参加をお願いします。

4. 資料入手方法

リマインドメール(セミナー開始1時間前に送信予定)に、資料ダウンロード方法を記載します。

5. 事前質問のお願い

参加登録時に、「質問とコメント」欄を設けています。
本会やABS学術対策チームに関するご質問、ご要望等がございましたらご記載下さい。

6. 言語

日本語⇔英語の同時通訳あり

7. 参加登録

下の参加登録をクリックして必要事項をご入力下さい。
事前登録にご協力をお願いいたします。
不具合等ございましたら、下の【お問合せ先】にメール又は電話でご連絡下さい。

参加登録(https://zoom.us/webinar/register/WN_BdP2HpDvRkW0I5ZwIbhLIA)

《zoomを利用する際の注意点について》
・zoom及びお使いのブラウザは、最新バージョンに更新をお願いいたします。
・無線Wi-FiやポケットWi-Fiなどは通信環境が不安定になりやすいため、
LANケーブルによる有線接続を推奨いたします。
・通訳をお聞きになる際は、必ずお聞きになる言語を選択してください。
Offを選択していると、オリジナル(アクティブスピーカー)の音声となります。

 

情報・システム研究機構

【お問合せ先】
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
〒411-8540静岡県三島市谷田1111
TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
e-mail: abs@nig.ac.jp URL: http://idenshigen.jp/