2021年度 第3回 ABSセミナー「ブータン遺伝資源の取得と利用」を開催しました。

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームでは、2021年11月25日(木)13時30分から、2021年度第3回ABSセミナー
「国際ABSワークショップ:ブータン遺伝資源の取得と利用」(International ABS workshop FY2021 -Access
and Benefit-Sharing for Genetic Resources of Kingdom of Bhutan-)を開催いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

1. 演題

・Implementation of the Access and Benefit Sharing in Bhutan​
Mr. Mani Prasad Nirola

・Bhutan, traditional, but modern country.
二村 聡 先生

2. 講演者

・Mr. Mani Prasad Nirola
(ブータン農業森林省 国立生物多様性センター バイオプロスペクティング・遺伝資源と利益配分(ABS)プログラム 調整官)
現在、ブータンの名古屋議定書NFP(ナショナルフォーカルポイント)。
また、農業森林省 国立生物多様性センターに勤務し、特にバイオプロスペクティング・ABSプログラムに携わる。
ブータンにおけるABSおよびバイオディスカバリー研究の先駆者の一人。

・二村 聡 先生
(株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ 代表取締役)
専門は、ABS契約交渉 ABS契約締結実務 国連関連助成金獲得サポート。
中南米、アフリカ、アジア各国と遺伝資源探索に関する共同研究契約多数締結。
複数のUNDPやUNEPのABS関連プロジェクトにコントリビューターとして参加。
名古屋議定書国内措置検討委員会委員等
共同編著「生物資源アクセス」(バイオインダストリー協会 東洋経済新報社)

3. 開催日時、配信方法、参加登録、視聴方法

開催日時:2021年11月25日(木) 13時30分-15時00分(1時間30分)予定
配信方法:ウェビナー(zoom)
参加登録:下の7.参加登録にある、「参加登録」よりご登録下さい。
視聴方法:参加登録時にご記載のメールアドレスに届いた登録完了メールにある、
「ここをクリックして参加」よりご参加下さい。

13時15分から接続可能です。(接続確認をお願いいたします。)
13時25分迄に参加をお願いします。

4. 資料入手方法

リマインドメール(セミナー開始1時間前に送信予定)に、資料のダウンロード方法を記載いたします。

5. 事前質問のお願い

参加登録時に、「質問とコメント」欄を設けております。
本会に関するご質問等がございましたらご記載下さい。

6. 言語

日本語⇔英語の同時通訳あり

7. 参加登録

本会は終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました。

《zoomを利用する際の注意点について》
・zoom及びお使いのブラウザは、最新バージョンに更新をお願いいたします。
・無線Wi-FiやポケットWi-Fiなどは通信環境が不安定になりやすいため、
LANケーブルによる有線接続を推奨いたします。
・通訳をお聞きになる際は、必ずお聞きになる言語を選択してください。
Offを選択していると、オリジナル(アクティブスピーカー)の音声となります。

【お問合せ先】
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
〒411-8540静岡県三島市谷田1111
TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
e-mail: abs@nig.ac.jp URL: http://idenshigen.jp/