大学等の海外遺伝資源の円滑な使用を支援

出張セミナー

出張セミナー

生物資源と法規

内容

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームでは、文部科学省管轄の大学・研究機関に対して、生物多様性条約と名古屋議定書についての基本的原則と各学術機関での適切な体制作りについて出張セミナーを行なっています。(※各機関のご要望に沿ったプログラム・時間にて開催致します。)

ご希望、ご質問などがありましたら、下記の[申し込み]の電子メールアドレス、または電話までご遠慮なくご連絡下さい。

対象

  • 海外から取得した生物(遺伝資源)の研究を行なっている研究者
  • 海外生物を利用した(健康・治療に関わる)伝統的知識の研究を行っている研究者
  • 海外の研究機関と共同研究を始める・進めている研究者
  • 母国(海外)の生物の研究を行う留学生を受け入れている研究者
  • 遺伝資源の保存や配布を行う研究者
  • 研究企画立案・実行責任者
  • 海外生物に関係する研究を支援されている担当者、事務担当者(知財・研究推進・産学連携・URA・海外連携等)

申込み

abs@nig.ac.jp(055-981-5831)

PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.