大学等の海外遺伝資源の円滑な使用を支援

サラワク州(マレーシア)での陸上節足動物類の採集調査と日本への持ち出し

遺伝資源取得の事例:首都大学東京

 項目記述
1タイトルサラワク州(マレーシア)での陸上節足動物類の採集調査と日本への持ち出し
(非商用目的)
2国名サラワク州(マレーシア)
3遺伝資源の種類陸上節足動物
4提供機関 Forest Department Sarawak(調査許可証発行)
Forest Department Sarawak(共同研究先)
5契約内容 Forest Department SarawakとMoU
Forest Department Sarawakから調査許可証
6政府許可 ①調査許可:Forest Department Sarawak
②調査エリアでの活動許可:本研究の場合、ランビルヒルズ国立公園の事務所で、立ち入り申請(Forest Department Sarawakからの許可証番号が必要)
③持ち出し許可:Forest Department Sarawak
7手続き期間3–5ヶ月程度
(本件は、調査許可を出すForest Department SarawakとのMOUのもと研究を行うため、通常よりスムーズに進む)
8関係した法律・規制 ・Sarawak Biodiversity (Fees) Notification, 2017
・Sarawak Biodiversity Regulations, 2016
・The Sarawak Biodiversity (Declaration of Protected Resources) Notification, 2015

いずれも環境省から日本語訳がダウンロード可能
https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/foreign_measures.html

9 説明 以下のURLから調査許可申請書(Forest Department Sarawak)をダウンロード
http://www.forestry.sarawak.gov.my/page-0-354-1094-Guided-to-Apply-Permission-to-Conduct-Research.html

研究が商用目的の場合や薬草類を取り扱う場合、研究許可申請は、Sarawak Biodiversity Centreへ
http://www.sbc.org.my/index.php/our-services/research-permit-application

←事例集一覧に戻る

ABS情報データベース

ABS情報データベース

PAGETOP
Copyright © 国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.