大学等の海外遺伝資源の円滑な使用を支援

スリランカ

SRI スリランカ

最終更新日:2021年3月15日

生物多様性条約 締約国(1994年6月21日)

手続きについて

・ABSに関する国内法令は未だ策定されていないため、遺伝資源の取得、利用、国外移転(送付による移転等を含む)について
 は、スリランカ政府に確認しながら手続きを進める必要がある。
・サンプルの移転には、権限を有する機関の発行する素材移転契約書(MTA)(下記「その他」参照)が必要。
 またMTA締結には、事前の情報提供に基づく合意(PIC)と相互に合意した条件(MAT)を取得、締結することが前提条件
 とされている。
・遺伝資源の種類により、その管轄省庁は異なる(下記「各遺伝資源の管轄省庁」参照)。
・スリランカの伝統的品種、固有種は交換が制限されている。
・環境省の生物多様性事務局が、生物多様性条約、名古屋議定書、国内法的措置、多国間協定関連の業務を調整している。
・生物資源へのアクセスに関するスリランカの方針は、”National Policy on Access to Biological Resources,sustainable
 Use and Benefit Sharing”(下記「その他」参照)において言及されている。

各遺伝資源の管轄省庁

遺伝資源の種類 管轄省庁
農業種
(穀物、野菜、果樹、ベリー他、近縁野生種を含む)
農業省 農業局
(Department of Agriculture, Ministry of Agriculture)
スパイス作物 輸出農業局
(Department of Export Agriculture)
森林種 野生生物・森林保全省 森林局
(Forest Department, Ministry of Wildlife and Forest Conservation)
花卉 環境省 国立植物園局
(Department of National Botanic Gardens, Ministry of Environment)
薬用植物 保健省、先住民医学局、アーユルヴェーダ局、森林局
(Ministry of Health, Department of Indigenous Medicine, Department of Ayurveda, Department of Forest)
魚類、水産生物、水棲動物 漁業・水産資源開発省、国立水産研究庁
(Ministry of Fisheries and Aquatic Resources Development, National Aquatic Research Agency (NARA))
菌類、細菌、その他の微生物 特定の省庁は決まっていない、環境省と生物多様性事務局の管轄にある
家畜 動物生産・健康局
(Department of Animal Production and health)
野生動物 野生生物・森林保護省、野生生物局
(Ministry of Wild life and Forest Conservation, Department of Wildlife Conservation)
ヒトの腸内細菌や皮膚常在菌、病原微生物など 保健・伝統医薬省 薬学研究所
(Ministry of Health and Indigenous Medicine, Medical Research Institute)
環境サンプル(土壌、水、沈殿物、空気)に含まれる微生物 環境省その他関係官署
伝統的知識 農業省(Ministry of Agriculture)
保健・伝統医薬省(Ministry of Health and Indigenous Medicine)
文化省(Ministry of Cultural Affairs)

連絡先

ABSについての国内の中央連絡先(National Focal Point: NFP)および
権限ある国内当局(Competent National Authority: CNA)
https://absch.cbd.int/countries/LK

その他

・スリランカ政府(環境省)発行のモデルMTA[非商業利用]
Agreement for the Transfer of Biological Resources for Non-Commercial Research

・スリランカ政府(環境省)発行のモデルMTA[商業利用]
Agreement for the Transfer of Biological Resources for Commercial Research

・National Policy on Access to Biological Resources, sustainable Use and Benefit Sharing 原文(外部リンク)
生物資源へのアクセス、持続可能な利用、利益の配分に関する国家政策 和訳(ABS学術対策チーム仮訳)

ABS情報データベース

ABS情報データベース

PAGETOP
Copyright © 国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.