大学・研究所での学術研究に対する名古屋議定書/ABS対応のスペシャリスト

faq044

質問

研究は計画の通りにいかないので、契約の変更等が途中で必要になるが、どうすればよいか?

回答

研究を実施している間に、実験計画の変更や第三者の参加、第三者への移転などの事態が生じることがよくあります。その場合、提供国に提出している契約の変更にあたらないかどうかをよく吟味する必要があります。
もし、契約変更にあたる場合は、契約相手と早急に交渉し、変更に対する合意が得られるまで、変更部分の実施を行ってはならないと考えます。契約相手に変更の事後承認を求めることは絶対に避けるべきです。このような契約違反が起こると、相手側の信頼を失います。
実験計画の変更であっても軽微な場合で契約変更に当たらないと判断された場合は、特別に契約相手に合意を求める必要はないかもしれませんが、定期的な報告会等で必ず明らかにして相手の承認を求めることが必要です。

←質問ページに戻る

PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.