大学・研究所での学術研究に対する名古屋議定書/ABS対応のスペシャリスト

faq056

質問

大学の組織で、アクセスと利益配分対応を行うのは知的財産部か?

回答

大学組織における対応は、大学の考え方、体制によっても異なるが、大学の主たる担当者と委員会での対応の両方が必要と考える。現在、素材移転契約や保有素材の管理を行っている部署、担当がある場合は、そこが大学の主たる担当者として受け持つ場合が多いと思う。研究支援部門が総合的に対応することになると考えられる。たとえば、契約業務は知財部門や国際連携関連の契約部門、法務担当がある大学はそこが対応、保存素材の管理部門がある場合は、保存に関する業務を連携して行うことになる。
本チームはABS専門家育成支援を続けていく。また、円滑な運営については、関係者、当事者で議論していく必要がある。

←質問ページに戻る

PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.