大学・研究所での学術研究に対する名古屋議定書/ABS対応のスペシャリスト

名古屋議定書実施に向けた意見交換会

  • HOME »
  • 名古屋議定書実施に向けた意見交換会

 

<終了しました、ありがとうございます>

2010 10 月に名古屋で採択された名古屋議定書は201410月に発効し、現在、すでに94か国が批准し、201612月には締約国会議COP13/MOP2がメキシコで開催された。一方、日本政府は名古屋議定書の批准に向けて国内措置の検討を進めており、現在、批准が本年の通常国会の審議事項となっており、さらに各省庁合同で「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(案)」が作成されており、パブリックコメントが募集されている。

そうした状況の中で、名古屋議定書の批准に向かい、生物多様性条約及び名古屋議定書に対応した大学の制度設計が必須となっている。そこで、日本の大学の中で組織として、取り組みを始めた大学を紹介し、今後の取り組みを検討中の各大学の参考とするため今回の意見交換会を企画した。併せて今回の意見交換会では、COP13/MOP2の参加報告を行うとともに、日本の国内措置について学術機関の関係者への説明を行い、国内学術機関での共通理解を深める。

 

【プログラム】

開会にあたり ABS 学術対策チーム 鈴木睦昭

「名古屋議定書の国内措置検討状況

文部科学省ライフサイエンス

 「名古屋議定書対応の国際動向とABS学術対策チームの活動」 

ABS学術対策チーム 鈴木睦昭 

岐阜大学におけるABSの取組みと対応体制」  

岐阜大学 小林 邦彦 

「東京海洋大学におけるABSの取組みと対応体制」

東京海洋大学 設樂 愛子 

休憩                 

パネルディスカッション        

パネリスト岐阜大学 小林 邦彦、東京海洋大学 設樂 愛子

名古屋大学 石川綾子 、三重大学 狩野 幹人、金沢大学 渡辺奈津子

閉会  ABS 学術対策チーム 鈴木睦昭    

会場・地図

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール7

JRでお越しの方

東京駅日本橋口より徒歩4分

※昨年度2014年7月24日開催の意見交換会とは別会場になります。

地下鉄でお越しの方

東京メトロ東西線・銀座線・東西線 日本橋駅 A1出口徒歩1分
都営浅草線 日本橋駅 A1出口徒歩1分

住所

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-2-16
TGビル本館
会場についての問合せ

ABS学術対策チームまで
電話 : 055-981-5835 EMAIL:  abs@nig.ac.jp

お気軽にお問い合わせください TEL 055-981-5831 E-mail: abs@nig.ac.jp

PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.