大学・研究所での学術研究に対する名古屋議定書/ABS対応のスペシャリスト

学術研究ABSツールキット IV-A

学術研究 ABS ツールキット IV-A

遺伝資源利用研究のアクセスと利益配分契約見本

ABS 学術対策チーム

はじめに

生物多様性条約第15条第4項には「取得の機会を提供する場合には、相互に合意する条件で、かつ、この条の規定に従ってこれを提供する。」と定められており、提供国の遺伝資源にアクセスする場合「相互に合意する条件(MAT)」に従った契約を当事者間で結ぶことが必要である。更に、第15条第7項には、遺伝資源利用の成果を当事者間で利益配分する際にも「相互に合意する条件(MAT)」に従った契約が必要である。したがって、「相互に合意する条件(MAT)」に従った契約は、アクセスと利益配分に関する当事者間の合意が含まれていなければならない。

MATは当事者間の自由意思による契約が基本である。契約内容は当事者間で決めることができるし、相互に合意すればどのような条件であっても問題ないはずである。しかし、生物多様性条約の基本原則である「公正で衡平な利益配分」の精神に反するような契約を結ぶことは社会的責任から誠実な態度とはいえない。提供国は大抵低開発国あるいは開発途上国であるため、先進国で発達した契約概念に不慣れである。したがって、「公正で衡平な利益配分」を実行するためには、一方の当事者である利用者がその意味を正確に理解し、誠実に交渉を行う必要がある。

本書は、利用者である研究者が契約の概念と実際を正しく理解し、実践できるようにしたものである。具体的には、実際の契約の原文を集め、分類している。現実の契約の各条項の考え方、基本を理解し、実際の研究計画の場合に必要な条項を選ぶことができるようにした。一つの契約ではすべての研究計画を網羅することはできず、それぞれの異なった想定事態に対応して、多くの契約見本から最適な条項を選択できるようにした。

学術研究ABSツールキット IV-A
遺伝資源利用研究のためのアクセスと利益配分契約見本
btn_dl_pdf
研究契約の種類と利用場面
生物多様性条約の相互に合意する条件に基づく契約に含めるべき最低条件
遺伝資源提供国が提供する標準契約案
「マニラ宣言における」バイオ探索研究の契約ガイド
アセアン生物資源および遺伝資源へのアクセスに関するフレームワーク契約書
フィリッピン標準研究契約申請
スリランカ大学と企業の間の商用薬草抽出契約
ガイアナ協同共和国研究許可申請書
キューバ植物園とスエーデンウプサラ大学生物多様性民族植物学のためのアクセス同意書見本
アルゼンチン標準共同研究契約モデル2
遺伝資源商用開発ライセンス契約見本(Gollin)
インド商用研究のためのアクセス標準契約
インド熱帯植物園研究所薬草ノウハウ商用移転契約
アフリカユニオン個別レベル秘密保持契約
アフリカユニオン研究所レベル秘密保持契約
アフリカユニオン遺伝資源伝統的知識利益配分契約
エチオピア遺伝資源 Teff 商用開発のためのアクセスと利益配分契約見本
オーストラリア国際農業研究所(ACIAR)共同研究標準契約
GEFプロジェクト中央アジア生息域内プロジェクト内情報共有契約
遺伝資源利用国が提供する契約見本
ススエーデンUppsala大学とラオス大学の教育・訓練同意書見本
スエーデンラオス研究素材収集同意書
スエーデン・ラオス遺伝資源探索と伝統的知識に関するアクセスと利益配分確認書
スイス科学アカデミーの標準非商用研究用アクセスと利益配分契約
英国王立植物園 Kew 標準共同研究覚書
英国王立植物園 Kew とオーストラリア北部準州アクセス利益配分契約
カナダ農業食品省植物生殖質ライセンス契約
欧州 MicroB3 プロジェクト海洋微生物標準アクセスと利益配分契約
米国機関のアクセスと利益配分契約案
米国 NIH の標準秘密保持契約
米国国立衛生研究所癌研究所治療開発プログラムと提供国機関の覚書
米国癌研究所遺伝資源収集合意書
カリフォルニア大学バークレー校サモアバイオ探索研究利益配分覚書
米国国立公園生物資源標準アクセスと利益配分契約
米国国立癌研究所 Maxygen 共同研究開発契約
米国ハーバード大学商用専有実施権ライセンス契約
PAGETOP
Copyright © ABS学術対策チーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.